Cine☆Cafe

映画についてのあれこれ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフPartII -未来への最終決戦-フォト&ストーリーガイド (TVTaro特別編集) (TOKYO NEWS MOOK)

【監督】 ジョン・ウー
【キャスト】 トニー・レオン, 金城 武, チャン・フォンイー, チャン・チェン, フー・ジュン

三国志を題材にした前作PartIの続編でクライマックスである「赤壁の戦い」をメインに描いたもの。

前作もそうでしたが、三国志として見るとかなりつまらないものなんじゃないかと思います。
オリジナルのエピソードが多く、映画のために登場させた人物も多いようで、単に題材にはしてるよって軽い感じで観るのがいいんじゃないのかな?

かえって私のように三国志をあまり知らない人が見ると楽しめる作品なのではないかと思います。

ただ、欲張り過ぎたために面白みが半減しているのと戦いのシーンが撮影技術の披露にしか見えないことが残念です。
しかも無駄に戦闘シーンが長過ぎます。
もっと戦闘シーンを短くして人物中心に見せて欲しかったかな?
実際どっちに重点を置くのか中途半端で途中嫌気がさしたくらいです。

音楽の良さで救われている感じ。

これって巨大スクリーンで観てなかったら本当につまんないかもですね。

☆☆*****


<<<応援クリックよろしくお願いします。>>>
●FC2 Blog Ranking●映画ブログランキング●ファイブ ブログランキング



スポンサーサイト
ロック・ユー! [DVD]

【監督】
ブライアン・ヘルゲランド

【キャスト】
ヒース・レジャー
ルーファス・シーウェル
シャニン・ソサモン
ボール・ベタニー
ローラ・フレイザー
マーク・アディ
アラン・テュディック
ベレニス・ベジョー
クリストファー・カジノブ

 中世ヨーロッパの“トーナメント”、それは欧州各地からやってきた選りすぐりの騎士たちが戦いの技量を競い合う一大エンターテイメント。
この大会で優勝することは最高の名誉だったという。
そんな騎士たちに憧れた貧しい職人の息子であるウィリアムは自らの宿命に挑むことを決心する。
身分を偽り、騎士としてトーナメントに出場した彼は仲間に支えられ、最強の戦士としての頭角を現していく。
そんな彼の前に立ちはだかるのがアダマー伯爵。
 
背景やジョスリン以外の衣装はすべて中世なのですが、なにしろサントラがすべて80年代を代表するロックですし、冒頭から大会の観客が「We Will Rock You!」でノリノリなわけですから型破りこの上ないです。
そしてジョスリンの衣装は中世ではありえない自由奔放なものです。
なにより宮廷ではデビット・ボウイの曲に合わせて踊り狂うわけですから。
それが何故か中世の典型的な握りこぶし物のお話にマッチしています。
ラストに思わず握りこぶしで「よっしゃ!」とつぶやいたのは内緒です。

エドワード王子は渋い役なのに、仲間はずれにされた子どもがすねているように見えてかわいかったです。

ヒース・レジャーは前作(パトリオット)よりぐんと大人っぽくなってかっこ良かったですよ♪
 最近この手の顔に弱いです(テヘテヘ)

 これを見てスッカッ!としない手はないね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロミオ・マスト・ダイ 特別版 [DVD]

【監督】
アンジェイ・バートコウェアク

【キャスト】
ジェット・リー
アリーア
アイザイア・ワシントン
ラッセル・ウォン
DMX
デルロイ・リンドウ
D.B.ウッドサイド
ヘンリー・オー
ジョン・キット・リー
アンソニー・アンダーソン

 オークランドで激しい対立を続けてきた黒人系ギャングとアジア系ギャングの抗争が続く中、アジア系ギャングのトップの息子が殺される。
父親の身代わりに服役していた兄のハンは弟が殺されたことを聞きつけると脱獄して、アメリカへ戻り、事の真相をつきとめるために奔走する。
そして敵のトップの娘であるトリシュの協力を得て、無意味な抗争に終止符を打とうとするが・・・。

ヒップホップ系の軽快なリズムにカンフーのアクションがまるでショーを見ている感じです。
取ってつけたようなXレイ(レントゲン写真のような映像)はアイデアは買うけれど、返ってじゃまなような・・・。
「女は殴れない」と言いつつ、敵の女性に対して、トリッシュを担いで応対するシーンは面白かったし、見せます。
ストーリーはなんでもない感じだけど、スタイリッシュな映像はかなりいい感じでした。
サントラはゴキゲンですよ♪ 


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ラン・ローラ・ラン [DVD]

【監督】
トム・ティクバ

【キャスト】
フランカ・ポテンチ
モーリッツ・ブライプトロイ
ヘルベルト・クナウプ

恋人マニからのローラへ「助けてくれ、殺される。」と電話が入る。
タイムリミットまで20分。
マニを救うため、10万マルクを手に入れようとローラはベルリンの街を走り続ける。
ゲームのようにリセットされては繰り返されるが、些細な違いで運命が大きく変わる。

激変するベルリンのパワーを感じました。
アニメーションの使い方も面白く、斬新な映像は驚きすら伴って新鮮。
スピード感もあり、見た目とは裏腹な女の子らしさがかわいいです。
「愛は山をも動かす」・・・納得。
とにかくよく走ります。
フォームもみごと♪

パンフレットにマニとローラのプロフィールが書いてあったのですが、
ローラのとこで「好きなもの:マニ」って書いてあってなんだか微笑ましかったです。

☆☆☆☆**

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

リーグ・オブ・レジェンド 時空を越えた戦い (Blu-ray Disc)

【監督】
スティーブン・ノリトン

【キャスト】
ショーン・コネリー
メサーラディン・シャー
ペータ・ウィルソン
トニー・カラン
スチュアート・タウンゼント
シェーン・ウエスト
ジェイソン・フレミング
リチャード・ロクスバーグ
マックス・ライアン
トム・グッドマン=ヒル
デイビッド・ヘミングス
テリー・オニール

1899年、ヨーロッパの列強は戦争の危機を迎えていた。
危機に瀕した英国政府はアフリカで悠々自適の生活を送る伝説の冒険家アラン・クォータメインのもとに使者を送り、ユニークで超人的な能力を持つチームのリーダーになることを依頼。
かくして世界戦争を企てるファントムとチームとの闘いは始まった。

古くから親しまれてきた物語の主人公たちの共演。
もうそれだけで「映画ってほんとにすばらしいですね」となるわけです。
中世ロンドンの暗い佇まいに異様に光る「自動車という乗り物」やド派手な「ノーチラス号」はそれだけでわくわくさせます。
そしてそんな主人公たちのしゃれた会話。
あとは何もいりません。

映画の好きな人が映画を楽しむために作った映画。
そんな感じがします。
むしろ原作者が少年っぽくクスクス笑っているような。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

 ●只今の映画人口

 ●プロフィール

taka

Author:taka
最近は家でWOWOWにて鑑賞することが多いです。
メインは洋画。

※只今カテゴリーを整理中です。

●雑談ルーム●
 BBSを設置しました。
 映画意外の話題でもなんでもOKです。

●「今月のテーマ」一覧●
 毎月テーマにそった映画紹介をしています。
 (毎月10日前後に更新予定)

・視聴環境
 6畳の部屋にプラズマ(日立)42

・独断と偏見の☆印
 ☆☆☆☆☆(最高!)
 ☆☆☆☆(十分楽しめました)
 ☆☆☆(なかなかいいんじゃ?)
 ☆☆(まぁこんなもんでしょ)
 ☆(見ない方がいいかも)
 (☆の後に*で微調節アリ)

※旧BLOG・データベース・旧サイトでの日記などバラバラにUPしていたものを統合中です。

 ●カテゴリ
 ●最新コメント
 ●最新記事
 ●最新トラックバック

 ●月別アーカイブ

 ●DVDレンタル
 ●タイトル別一覧

・アクション・サスペンス
 【あ】【か】【さ】【た】【な】
 【は】【ま】【や】【ら】~
・ヒューマン・ドラマ
・ラブストーリー

※只今製作中

 ●検索フォーム

 ●リンク
 ●ブロとも申請フォーム
 ●

 ●注目のDVD
 Powered By FC2ブログ
 ●RSSリンクの表示
 QRコード

QRコード

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。