Cine☆Cafe

映画についてのあれこれ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンデラの名もなき看守 [DVD]

公式サイト→http://mandela.gaga.ne.jp/

【監督】ビレ・アウグスト
【キャスト】ジョセフ・ファインズ、 デニス・ヘイスバート、 ダイアン・クルーガー

1968年アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。
刑務所の下士官ジェームズ・グレゴリーは、最悪のテロリストとされるマンデラの担当に抜擢される

マンデラの生まれ故郷の近くで育ったために彼らの言葉が分かるグレゴリーに、秘密の文書や会話
を監視し報告しろと言うのだ。
任務に忠実なグレゴリーだったが、マンデラという人物に触れ、彼が自由のために払っている犠牲を知るにつれ、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧れていく。
(Amazonより抜粋)

映画や文献などで知る人種差別政策ですが、いつもながらに気分が悪くなるほどの行為の連続です。
その中で強い信念を持って毅然としているマンデラ氏が印象深いです。
もちろん後に南アフリカの大統領になる人だと知って観ているわけですし、そういった背景で撮られた映画なわけですから、当たり前と言えばそうなのですが・・・。

一番注目すべきことは「疑問を持つことの大切さ」。
確かに禁制品ではありますし、当時の政策上読むことすら危険な「自由憲章」ですが、何が書いてあって、どうして禁止されているのかを知ろうとする人がいないのかが不思議です。

ジェームズが同僚に尋ねるシーンがそのことを端的に描いています。

ジェームズ「自由憲章に何が書かれているのか知ってるか?」
同僚「白人を皆殺しにしろって書いてあるんだろ?」

政治上のことでも戦争でも、末端の人間はことの起こりもなんのために戦っているのかもわからずに行動していることが多く、そんな状況を風刺して描いている作品もけっこうあります。

日本の歴史には直接関わりのないように見えるアパルトヘイトですが、今の社会にも通じる部分の多い作品なので、観て損はない映画です。

日々何も考えずにウダウダ言ってる私も例外ではないですが、自分を取り巻く社会をもう少し大きく捕らえて見たいものです。
そんなことを考えさせる良い作品。

☆☆☆☆☆

●3つのブログランキングに参加しています。
   【↓応援クリックよろしくお願いします↓】

  ブログランキング・にほんブログ村へ






スポンサーサイト
モンゴル [DVD]

【監督】 セルゲイ・ボドロフ
【キャスト】浅野忠信、 スン・ホンレイ、 クーラン・チュラン

史上最強の統率者チンギス・ハーン。
今なお謎の多いチンギス・ハーンの知られざる半生を壮麗な大自然を舞台に描いた大作。

正直退屈な作品なんだろうと思っていました。
が!
とんでもない。
どんどん引き込まれてしまいました。
浅野忠信の目の演技に引き込まれたと言っても過言ではないです。

そしてモンゴルってものをほんの少しだけ垣間見たような気がします。

それにしてもこの妻あってのこの夫!とうなります。
ただ単にカリスマ性って言葉では言い表せないほどの人物で、確かに「強い魂の持ち主」って言葉がぴったり。
そうじゃなければ前半くらいでとうに死んでいるはず。

戦いのシーンを少なくして人間性を表現する部分を多くとっているのも良かったのではないでしょうか。
その後の物語まで知りたくなりました。

☆☆☆☆***

●3つのブログランキングに参加しています。
   【↓応援クリックよろしくお願いします↓】

  ブログランキング・にほんブログ村へ



マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]

【監督】 ウォン・カーウァイ
【キャスト】ノラ・ジョーンズ, ジュード・ロウ, デヴィッド・ストラザーン
       レイチェル・ワイズ, ナタリー・ポートマン

失恋したエリザベスを慰めてくれたのはカフェのオーナーが焼く甘酸っぱいブルーベリーパイ。
ある日失恋相手の部屋を見上げたエリザベスは旅に出る決意をする。
働きながら旅を続けるエリザベスは様々な出会いを経て、やがて・・・。

ウォン・カーウェイ監督の作品は「花様年華」以降裏切られ続けているわけですが、今回のキャスティングで面白くないわけがないと期待してはいました。

上映中のCMではラブストーリーっぽいことが色濃く出ていたのですが、エリザベスが旅をする中で出会う人々の話がけっこう深く、とてもいいロードムービーでした。

どのシーンで切り取っても絵になるんではないかと思うほどスタイリッシュな映像で、出てくるセリフがすべてしゃれている。

いや、正直終始うなっていました。
口元をほころばせながら。

アーティストとして大好きなノラ・ジョーンズですが、演技とゆうよりも自然体の生身のノラ・ジョーンズって感じも好感が持てます。
変に頑張って演技するよりずっといい。

もっともっとエリザベスには旅を続けて欲しかったとさえ思う作品。

☆☆☆☆*

<<<応援クリックよろしくお願いします。>>>
●FC2 Blog Ranking●映画ブログランキング●ファイブ ブログランキング




ミュージック・オブ・ハート DTS特別版 [DVD]

【監督】
ウェス・クレイヴン

【キャスト】
メリル・ストリープ
アンジェラ・バセット
グロリア・エステファン
エイダン・クイン
ジェイン・リーヴズ
クロリス・リーチマン
キーラン・カルキン
チャーリー・ホフハイマー
ジェイ・O・サンダース
ジョシュ・ペス

夫との別離で二人の子どもをかかえ、自立を余儀なくされたロベルタが紹介された就職先は、アメリカの中でもかなり物騒な地域イースト・ハーレムにある小学校だった。
そこでヴァイオリン・クラスの臨時教員となる。
最初は集中力がなく、意欲もない子どもたちだったが、次第にヴァイオリンの魅力に引きこまれ、1年後にはすばらしい発表会を開くまでになる。
人気のクラスとなり、順調にいっていたにもかかわらず、市の予算カットのためにクラスが廃止の危機に・・・・。

「音楽はすばらしいのよ!」と体全体でアピールするメリルの演技にただただ圧倒されました。
そして、ロベルタに賛同した超一流の音楽家たちに感動!
ストは思わず立ち上がって拍手したくなります。
ブラボ~~~!
印象に残っている1シーン、義足の少女が足に力が入らないから上達しないと訴え、それに対してロベルタが答えます。
「人間は足だけで立つのじゃないの。気持ちで立つものなの。」
これが実話とはすごいです。

☆☆☆☆☆

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ムッソリーニとお茶を (ユニバーサル・セレクション第2弾) 【初回生産限定】 [DVD]

【監督】
フランコ・ゼフェレッリ

【キャスト】
シェール
ジュディ・デンチ
ジョーン・ブローライト
ベアード・ウォレス
マギー・スミス
リリー・トムリン

1930年から40年代にかけて、イタリアのフィレンツェで、異邦人でありながら、イタリア人よりもフィレンツェを愛し、自由奔放に生きた女性5人と一人の少年とのふれあいを描いています。

母親を亡くし、父親にも見捨てられた少年は愛の尊さや芸術のすばらしさを女性たちから教わる。

いい加減な両親に育てられるより、結果的にはすばらしい多くのものを得たんじゃないかと思う。
それにしても貴婦人がどんな立場になろうと貴婦人然としている様子がこっけいであり、悲しくもありました。
プライドというのはこんなことを意味するのではないかな?
「これを作る血があなたにも流れているのよ」と言いながら、すばらしい彫刻を見せるシーンが好きです。
人の出会いってすばらしいですね♪
出演している女優陣がすごいです!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

 ●只今の映画人口

 ●プロフィール

taka

Author:taka
最近は家でWOWOWにて鑑賞することが多いです。
メインは洋画。

※只今カテゴリーを整理中です。

●雑談ルーム●
 BBSを設置しました。
 映画意外の話題でもなんでもOKです。

●「今月のテーマ」一覧●
 毎月テーマにそった映画紹介をしています。
 (毎月10日前後に更新予定)

・視聴環境
 6畳の部屋にプラズマ(日立)42

・独断と偏見の☆印
 ☆☆☆☆☆(最高!)
 ☆☆☆☆(十分楽しめました)
 ☆☆☆(なかなかいいんじゃ?)
 ☆☆(まぁこんなもんでしょ)
 ☆(見ない方がいいかも)
 (☆の後に*で微調節アリ)

※旧BLOG・データベース・旧サイトでの日記などバラバラにUPしていたものを統合中です。

 ●カテゴリ
 ●最新コメント
 ●最新記事
 ●最新トラックバック

 ●月別アーカイブ

 ●DVDレンタル
 ●タイトル別一覧

・アクション・サスペンス
 【あ】【か】【さ】【た】【な】
 【は】【ま】【や】【ら】~
・ヒューマン・ドラマ
・ラブストーリー

※只今製作中

 ●検索フォーム

 ●リンク
 ●ブロとも申請フォーム
 ●

 ●注目のDVD
 Powered By FC2ブログ
 ●RSSリンクの表示
 QRコード

QRコード

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。