Cine☆Cafe

映画についてのあれこれ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ヴォイス [DVD]

【監督】
マーク・ハーマン

【キャスト】
ジェーン・ホロックス
ユアン・マクレガー
ブレンダ・ビレッシン
マイケル・ケイン
ジム・ブロードベント
アネット・バッドランド
フィリップ・ジャクスン

舞台はイギリスのさびれた港町。
父親の死後、まったく口をきかなかったエルヴィが、ずばぬけた歌唱力の持ち主だと判明したことから、大騒動が始まる。

舞台版は成功したらしく、評判が良かったけれど、“ブラス”から予想するほどのものはなく。
ただの狂気じみた人々の集まりのようにもとれる。
焦点がぼやけていて、訴えかけてくるものも見当たらない。
ちょっと肩透かしの作品でした。
感動作って聞いていたのだけどなぁ~!
ミュージカル仕立てにしたら良かったのじゃないかな?

人々のこっけいさを描写するだけの作品だとしたら成功です。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ワンス・アンド・フォーエバー (角川文庫)

【監督】
ランダル・ウォレス

【キャスト】
メル・ギブソン
マデリーン・ストウ
グレッグ・キニア
サム・エリオット
クリス・クライン
ケリー・ラッセルバリー・ペッパー
ドン・ズオン


アメリカがヴェトナム戦争に深入りするきっかけともなった1965年11月のイア・ドラン渓谷の戦い。
そこには敵味方を問わず多くの尊い命が失われていった。

ノンフィクションをもとにリアルさを追求して製作された作品です。

 戦争を通じて人が愛しているものを描きたい」そう監督は言っていますが、それはどうなんだろう?
戦う双方の兵士に家族や愛する人がいる。
それはあたりまえのこと。
憎しみもない相手をただむやみに殺す。
それが戦争。
わかりきっているけれど、後味が悪くなるほどの映像を私たちは見なくてはならないのだと思う。
戦争反対!」と言い続けるために・・・。
 
「兵士は戦争を始めたりはしない。戦争を始めるのは政治家たちだ」
 れは原作者であり、主人公のモデルであるムーア氏の言葉。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

【監督】
ロベルト・ベリーニ

【キャスト】
ロベルト・ベリーニ
ニコレッタ・ブラスキ
ジョルジオ・カンタリーニ

いつも陽気で人々を楽しませる達人グイドはナチスの強制収容所へ。
そこでも息子に悲惨な現実を悟られまいと嘘をつき続け、陽気に振舞う。

ユダヤ人収容所を題材にしたものだけど、悲惨さや暗さは少ないです。
そこがかえって切ないのですが・・・。

前半は笑いっぱなし。
後半は泣きっぱなし。
「笑い」は「視点」を変える。・・・号泣。
「列車に乗ります」と妻が言うシーンが一番最初の感動です。

泣ける映画NO.1決定!

☆☆☆☆☆

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ラジオ・デイズ [DVD]

【監督】
ウディ・アレン

【キャスト】
セス・グリーン
ミア・ファロー
ジュリー・カブナー
ダイアン・ウィースト
ダニー・アイエロ
ダイアン・キートン

 第二次世界大戦が始まったばかりの頃のお話。
ラジオが生活の中心にある背景を少年の目を通して描いているほのぼのとしたコメディです。

ラジオやステージから流れるのは当時のヒット曲。
いい雰囲気が漂っていました。
クラブでシガレット・ガールをしながらラジオ出演にあこがれる女性と少年の個性豊かな家族のエピソードがラジオ番組に重なり
ながらオムニバス風に進行していきます。
冒頭の雨に濡れた海の近くの街の映像はなんともきれいです。
いわゆる”アメリカの古き良き時代”を表現しているのですね。
観終わったあとはほんわかやさしい気分です。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ラスベガスをやっつけろ [DVD]

【監督】
テリー・ギリアム

【キャスト】
ジョニーディップ
ビニチオ・デル・トロ
トビー・マグワイア
クリスティーナ・リッチ
キャメロン・ディアス
エレン・バーキン
フリー
マーク・ハーモン
ハリー・ディーン・スタントン

 ジャーナリストのラウルはサモア人の弁護士ドクター・ゴンゾーはスポーツ雑誌の依頼でラスベガスで開催されるオートバイレ-ス“ミント400”を取材するために真っ赤なオープンカーで荒野に向かうハイウェイを飛ばしていた。
トランクにはあらゆるドラッグをいっぱい詰め込んで・・・・。

ほとんど終始ドラッグによる幻想世界です。
これは二人の絶望感や嫌悪感を現しているのかもしれませんがどうも理解しがたい作品です。
たかはデョップ君の横山やすし化したハゲ頭のチンピラ姿に少なからずショックを受けたのです。
ラスベガスでのドラッグ使用はかなりの金額の罰金になるにもかかわらず、すっかりラリった状態で突入するのですから、これは「殴り込み」に近いです。
何に殴りこみか・・・アメリカ社会かな?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

 ●只今の映画人口

 ●プロフィール

taka

Author:taka
最近は家でWOWOWにて鑑賞することが多いです。
メインは洋画。

※只今カテゴリーを整理中です。

●雑談ルーム●
 BBSを設置しました。
 映画意外の話題でもなんでもOKです。

●「今月のテーマ」一覧●
 毎月テーマにそった映画紹介をしています。
 (毎月10日前後に更新予定)

・視聴環境
 6畳の部屋にプラズマ(日立)42

・独断と偏見の☆印
 ☆☆☆☆☆(最高!)
 ☆☆☆☆(十分楽しめました)
 ☆☆☆(なかなかいいんじゃ?)
 ☆☆(まぁこんなもんでしょ)
 ☆(見ない方がいいかも)
 (☆の後に*で微調節アリ)

※旧BLOG・データベース・旧サイトでの日記などバラバラにUPしていたものを統合中です。

 ●カテゴリ
 ●最新コメント
 ●最新記事
 ●最新トラックバック

 ●月別アーカイブ

 ●DVDレンタル
 ●タイトル別一覧

・アクション・サスペンス
 【あ】【か】【さ】【た】【な】
 【は】【ま】【や】【ら】~
・ヒューマン・ドラマ
・ラブストーリー

※只今製作中

 ●検索フォーム

 ●リンク
 ●ブロとも申請フォーム
 ●

 ●注目のDVD
 Powered By FC2ブログ
 ●RSSリンクの表示
 QRコード

QRコード

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。